0120-323-743
フリーダイヤルは北海道内からのみ
【年末年始】2018年12月30日〜2019年1月3日まで 12:00〜17:00 営業となります

プラグインやサイト構築についてのメモ

サイドバー切り替え – Content Aware Sidebars

参考 プラグイン「Content Aware Sidebars」で特定カテゴリーだけサイドバーのウィジットを変更する。デフよん プラグインで新規追加した項目がサイドバーウィジェットとして現れるので、表示内容はそちらで設定する。トップページを独立して設定してみて、個別ページも項目によって独立した物を表示させる必要があればそうする。

モバイルページでサイドバーの非表示 – Widget Logic –

プロフィール欄が長くて邪魔なのでハンバーガーメニューに入れてしまい、短縮版のプロフィールを「記事一覧下」に「モバイルのみ表示」で出してそのかわり下に送られたサイドバーのプロフィールやカテゴリを削除するのに使用。その他、各ウィジェットに細かく条件分岐で出現の設定ができる。
参考 Widget Logicでウィジェットの表示非表示の条件を設定するdebuyoko.com

任意のページに様々なコードを埋め込み – CSS&JS Toolbos

任意のページにCSSやJSコードを割り当てたり、HTMLを埋め込んだり出来る。

ページやエントリの目次を自動生成 – Table of Contents Plus

目次を自動制作してくれる。挿入位置を任意にするために自動配置をやめてショートコード[toc]を使う。
参考 【SANGOを自分でカスタマイズ】「もくじ」にオリジナル感を出してみるfor men

カスタム投稿ページの作成と管理・検索 – Custom Post Type UI – Search Everything –

下記「Advanced Custom Fields」と組み合わせて、WPのブログ形式エントリとは別に独自のカテゴリを設定してお知らせや商品紹介などのページを作成し、WPの管理機能で管理できる。それらカスタム投稿をサイトの検索対象にするために「Search Everything」も導入する。
参考 「Custom Post Type UI」でカスタム投稿を作るには?使い方解説!回転オトエフミ

カスタムフィールド – Smart Custom Fields - Advanced Custom Fields -

「Smart Custom Fields」はエントリに独自の項目を追加して表示するときに呼び出す。オンラインカートなど独自のカスタム投稿を導入した時に、商品紹介ページの内容を拡張する時に使える。「Advanced Custom Fields」は上記CPT UIと組み合わせて通常のブログ形式エントリとは別にカスタムでお知らせや商品紹介、イベント紹介などの定形ページを作ることができる。
参考 Advanced Custom Fieldsの使い方kotori-blog.com

各種並び替えプラグイン – Category Order and Taxonomy Terms Order - Intuitive Custom Post Order –

「Category Order and Taxonomy Terms Order」はカテゴリーの順番をドラッグ&ドロップで切り替える。「Intuitive Custom Post Order」は通常の投稿や固定ページ、カスタム投稿などの並び替えをドラッグ&ドロップで行える。項目が増えた時に活躍する。

ブラウザ表示タイトルにサイト名やページタイトルを自動追加 – All in One SEO Pack –

本サイトへの移植が完了したらプラグインを入れる。

サイドバーの設定

参考 ウィジェットの設定をしよう:広告の貼り方も解説SANGOカスタマイズガイド モバイル版だとプロフィールなどが無駄に場所を取るのでPC版のみ表示に切り替える。追尾サイドバーを別に設定出来るので何がいいか考える。モバイル版用には「ナビドロワー」を設定する。

ヘッダーアイキャッチの設定

写真の比率と表示の関係が難しく、あまり縦に長く取られない様にするために2段式を選んだ。キャッチコピーの部分は明朝体、文字間を広く、行間を広くして、ついでにどの環境で見ても行を折り返さない様に文字サイズを画面幅に応じて変化させるCSSにしてみた。しかしAndroid4.4以前は未対応なのでその場合は文字幅1emで固定。
参考 font-sizeの単位をvwにしてデバイスサイズに合わせて拡縮するQiita

固定ページにもカテゴリを設定出来るようにする

SANGOのパンくずリストではカレントディレクトリを表示しないので、固定ページはどこにアクセスしても「ホーム」直下になってしまう。固定ページのほとんどは業務案内なので、だったら全てをそのカテゴリに入れてしまえばちょうどいい。
参考 【WordPress】固定ページにカテゴリーを紐付できるようにするShufulife

フォントアイコンとオリジナルアイコン

ネット上のフォントアイコンはFont Awesome5に対応している。けっこう使えるのでこれはPro版が欲しい。
参考 Icons _ Font AwesomeIcons _ Font Awesome

必要なものはオリジナルで作った。

参考 自分で作ったアイコン(SVG)をWEBフォント化するイリテク

freephone-jp
ipawn-logo
hand-holding-jpy-solid
recycle
recycle-whiteblack

本日の日付と1〜3ヶ月後の日付を挿入するショートコード

これをfunctions.phpに。
今日:[today_date] 1ヶ月後:[onemonth_date]

コード

add_shortcode('today_date', 'shortcode_today');
function shortcode_today() {
return date_i18n("Y年n月j日");
}
add_shortcode('onemonth_date', 'shortcode_onemonth');
function shortcode_onemonth() {
return date_i18n("Y年n月j日", strtotime('+1month, +1day'));
}
add_shortcode('twomonth_date', 'shortcode_twomonth');
function shortcode_twomonth() {
return date_i18n("Y年n月j日", strtotime('+2month, +1day'));
}
add_shortcode('threemonth_date', 'shortcode_threemonth');
function shortcode_threemonth() {
return date_i18n("Y年n月j日", strtotime('+3month, +1day'));
}

記事を更新しても更新日が変更しないようにする

参考 WordPress記事を修正した時に更新日を変更するかしないかを選択できるようにするカスタマイズ方法寝ログ

IP Geo Blockでスパムや不正アクセスをブロック

参考 IP Geo BlockプラグインでWordPressの防御をさらに強固にBLACKND

SANGOカスタマイズの参考ページ

参考 テンプレートをSANGOに変更してやったカスタマイズまとめsaibug